土地は所有から活用へ

エネファーム

木製のものもあれば、石やコンクリート製あるいは金属でできている場合もあるこうした境界標がない場合は、隣接するすべての家に立会いを依頼し、場合によっては専門家である土地家屋調査士のアドバイスなどを受けながら、境界確認の書面を作成することになただし、すべての隣家がすんなり応じてくれるとは限らない。る。境界の立会いを依頼しても、長男と長女の結婚だったため自分の実家と妻の実家両方の片づけの面倒を見なければならないことに飯島さんが売却しようとしたのは空き家となった妻の実家。飯島さんの義母が亡くなったの13年前。義父はそれよりもずっと前、70歳を前に他界している。最寄り駅から徒歩25分。築40年の古い家ということもあって評価は低く、相続税の節税で頭を悩ますこともなかった。
ところが、売却しようとしてはじめて、境界標がないことに気がついた「義母が亡くなってから確認したのですが、自治体の固定資産台帳にはきちんと登録されており毎年、固定資産税は支払っていました。法務局に登記もしていました。
ところが、売却するために妻の実家の土地を実測するため隣地との境界を確認することになったのですが、これがで

きなかったのです」登記がしてあっても、所有する土地については、自分のものであるという権利の範囲を明確にしておくことが不可欠。

それを示す標識が境界標である。その境界標を基準にひとつの土地ひっかいかくにんしよの面積を測るわけだが、それが確認できなければ、筆界確認書境界立会いを経て、(隣接し立会証明書た土地所有者間で境界を合意したことの確認書)やといった書類を作成するとになるそのころまでずっと借家住まいでしたから、隣接地との境界を示す境界標の存在すら知りませそれがはっきりしないと境界線がずれたりして隣の家などとトラブルになるんですんでした。
東京の丸の内や銀座なら数㎝ずれるだけで、所有する土地の価格が億単位で違ってくることもあるだろうが、飯島さんの妻の実家は坪10万円を切るような地価のところ、「それでも大変なと飯島さんは言う。思いをしました」飯島さんは、大学卒業と同時に入社した企業の子会社の社長だ。年俸は1000万円を超すので、経済的には恵まれているほうだろう。

物件の交通その他の利便及び環境に関する事項だが、飯島さんは、つい最近まであえて借家暮らしを選んでいた飯島さんの出身地は北陸。奥さんは関東出身。ひとりっ子で育った奥さんの実家は、借家からは車で30分の距離にあった。経済的にマイホームを持とうと思えば持てた飯島さんが、借家住まいを選んだ本音を明かしてくれた私の代わりに実家を継いでくれるはずだった弟が、私が結婚した翌年に交通事故で亡くなって実家はおやじとおふくろのふたりだけ。妻の実家もいまはふたりとしまいました。それ以来、も亡くなりましたが、義父母だけの生活でした。
おのずと、将来は2軒の家をなんとかしなければならないだろうと考えるようになり、自宅を持つことをためらったのです新居を購入した建設会社に妻の実家の売却についても相談妻の実家が空き家になったことで、飯島さんは当初、そこに夫妻で移り住むことも考えたという。しかし、現実には移住は難しかった。やはり、建て替えも必要でした。通勤の便を考えると遠すぎます。
それに古い家で、あれこれ考えて、この機会に私も家を持っていいかなと。そこで、沿線では最も人口が多いとされる駅に狙いを定め物件を探し始め、妻の実家は処分することにしました飯島さんのマイホームは、駅から徒歩5分。それでいて大通りをひとつ入ったところに位置していることで閑静な住宅街になっている。
その角地にある120mの土地に、新築の2階建て住宅が建つ。建売物件だが、間取りを変更したことで、購入価格は5000万円を超えた現金での購入だ1階には寝室がない。キッチンと広いリビング。その一角に飯島さんこだわりの机と書棚を設置。飯島さん専用の書斎である。2階は寝室が4部屋。風呂とトイレは1階と2階の両方に設置。2階ベランダには、喫煙用のスペースも設けている。妻の実家の売却も相談した。

飯島さんは、その住宅を購入した建設会社に、グループに工務店や不動産会社を抱え、信頼できると紹介された会社である。ただし、すでにふれたように、境界の確定に手間取ったこともあり、売却までにはかなりの時間と労力を要した。飯島さんの妻の実家の売却が決まったのは、飯島さんが新居に入居してからおよそ1年後のことだった。妻の実家は売却して片づけも終わった自分の実家の片づけは当分の間手つかずのままに「空き家の片づけは、すべて建設会社を通じて専門業者に依頼しました。
家財を処分する費用はいったん自分のポケットマネーから出しました。売却金額は処分費用を払ったら赤字というほどではなかったですが、安すぎてお話しできるレベルではありません」売却価格が安かったのは、古い家屋をそのままにしたことも影響したのだろう。

義父母の家の後始末は終えたが、実の父母が暮らす北陸地方にある家屋につい飯島さんは、ては、当分の間、手をつける気持ちはない。

制約はあるが行いたい

自宅を建築した場合。

取引の対象が建築条件付き定期借地
「65歳くらいでリタイアし、年の半分はこちらで暮らす。とくに冬は、屋根の雪下ろしのために正月以外にも帰ってくるよ、といったことを話しました。父母はそれで納得してくれたかどうかはわかりませんがね。おやじやおふくろが口にする『無理して帰ってこなくてもいいよ。な『もうそろそろ、あー、心配いらないさ』といった言葉を思い出し、胸に刺さります。
こっちに帰ってこないか』と直接言われるより、こたえますね……」

不動産会社のアドバイスで逆転の発想、

土地ではなく家を売ろう
古住宅の売り出しで売却に成功河野裕子さん(仮名)東京都·53歳中古住宅として売り出したほうが売れる!と不動産会社が判断した親の家外装の状態もいい。中古住宅として売りましょう。耐震補強がしっかりしているし、内装にっしないの判断は売主さんにおまかせしますリフォームする、いては河野さんは不動産会社からこう言われたそうだ。
親の家を売ると決めたとき、建物の価値をアピールし「中古住十分住まいとしての価値があるので、河野さんの実家は、不動産会社は判断したのだろう。としたほうが売れると、中古住宅にも一定の宅の売り出し」需要はあるそうだ。

土地·古家つきよりも、中古住宅のほうが建物の価値が売価に反映されるので高値となるので、中古住宅のほうがそのまま住むこともできる買い手の中には有利な条件ととらえる人もいる不動産会社は河野さんの実家を売るなら、土地·古家つき中古住宅つまり、よりもとして売り出したほうがより売りやすいと判断したわけだ。
土地は250㎡。築10年河野さんの実家は、延床面積およそ100mの木造2階建て住宅。中古古家のいずれかの扱いにな基本的に以上の物件である。新築ではない住宅は、中古と豪の区別は築年数によることが多く、築年数るが、明確な定義があるわけではない。

が1520年以上なら豪とされるのが一般的だ父母が亡くなり空き家となった実家の相続売却を見据えて三姉妹の長女である河野さん名義に姉妹はいずれも結婚していて、子どもをもうけている。実家は北関東の河野さんは三姉妹。車で少し走れば田園風景が広がるが、新幹線の停車駅から在来線で3駅ほど。地方では開けているほうで、近くにはショッピングモールなど商業施設も集積している。5年前のことである。
その後、河野さんの父親は、70歳を前に他界。ひとり暮らしをしていた母親も70歳をわずかに超えた3年前に亡くなった。
実家を相続することになった三姉妹は早めに話し合いの場を持つことを母の葬儀直後に確認し合ったそうだ。その処分を急ぐために、『好「私たち三姉妹は仲がいいし、それぞれの夫も私たちの相続に口出しなどしませんでした。きにすればいい』といった雰囲気でしたね。
もちろん、そのまま残すに越したことはないのですが、現実はそうはいきません」地元に残っている妹たちもそれぞれ夫の実家住まい、移り住むことはできな河野さんも、かったのだ。
国土の均衡ある発展「『将来、私たちの子どもの誰かが住まないかしら』といった話題も出ましたが、それも現実的父や母との思い出話で盛り上がっただけの会合だったかもではなく、結局は家の処分よりも、しれません」ただし、実家は1年間は空き家のままにすることにした。将来的に売却するに結論として、あるいはそのままにするにせよ、名義は母親から長女である河野さんせよ賃貸に出すにせよ、に変更することで一致。固定資産税の支払いも河野さんが負担することになった。「近所に住む妹たちがときどき見回ることになりました。
その間に、父母の形見や思い出の品などはそれぞれが持ち帰ることで整理し、1年後のことは、また会って決めようということになリました」

ったく未知の不動産売買の世界税理士から紹介された不動産会社を信頼することに河野さん三姉妹は、一周忌の法要のときに再度話し合いの場を設けた比較的新しいといっても、私なりに勉強したけれど、どうも和室のある家は賃貸に向いていな借り手が見つかりにくいんですって。

やはり、思いきって売るのがいいようよいみたい。続いて次女がこう言った。三女が話し合いの口火を切った。それでも父や母との思い出が詰まっている「建て直してからは私たち姉妹は住んでいないけど、思い出も消されるような気持ちになってしまうわね。

かえっ家をそのままで貸すと考えると、て売ってしまうほうが、あとに引かないかもしれないね」空き家になっている実家は売却することが決まった3人そこんな会話のやりとりのあと、父母や祖父母が眠る墓前に報告もしたという。

その後、売却を依頼するために、不動ろって、産会社に足を運んだ。「不動産会社が買い取ってくれるものと思っていたら、そういうケースは限られていて、大部分は買い手を見つけてくるのが仕事だと知りました。また、不動産会社によって売却見積額といそれなら何軒かに声をかけ、査定の高いところにしようかといますか、査定額が違うそうで、も考えました」次女の夫が懇意にしている税理士から紹介された不動産会社にしぼってだが、河野さんは、依頼することにした。
その税理士さんは相続問題に詳しく、紹介って安心じゃないですか。何軒もの不動産会社とつきあいがあるのだそうです。その複数ある不動産会社の中でも、選りすぐって紹介してもらったのですから、信頼できそうだと判断しました土地を売却したお金から片づけの費用を捻出し親の家の片づけも無事終了「購入者に値切られて実際の価格が1000万円台にな売却価格は2150万円に設定した。

るにしても、売り出しが2000万円を切った金額では物件に対する印象がよくない」という河野さんの実家は、売りに出してから3か月で買い手がついた。不動産会社の判断だった。買い手は地元に住む30代前半の夫婦だったという。河野さんにこう打ち明けたという。契約が成立したあと、不動産会社の担当者は、売り急げば買い叩かれる。「いくらで売れるかは、売る側の余裕度にも左右されます。
実は、実河野さんは、際の土地と家屋の査定額は2000万円に届かないラインでした。でも、どうしというお考えではないようでしたし、売り急いでもいないようでした。
てもこれ以上の価格で、査定よりも少し高めで売り出してそれなら多少時間がかかっても待っていただけるだろうと、耐震補強や断熱性もしっかりしていて、その日から入居できるというのもよかっみたのです。たのでしょうね。

地域住宅政策交付金

相続財産管理人

3か月で成約に結びつくのは早いほうです」粗大ゴ売却が決まってから、河野さん三姉妹は大あわてで家に残っている大型家具や家電、ミの片づけを始めた「早く片づけないと家を買った人が怒ってキャンセルしてしまうかもしれませんから、もう一生リフォームはしなかったのですが、せっかく買ってくれたのですから、少しでも懸命でした。
ちょっとプロのお世話にもなりました。きれいにと掃除もずいぶんていねいにやりました。家最後の仕上げはプロの手でやってもらったんです」を売ったお金が入るとわかっていますから、掃除業者は廃棄物回収の免許も持っていることが多い。河野さんも粗大ゴミの処理を合わせ片づけはだいぶ楽ができたらしい。て頼んだ。おかげで、捨てようと決めていました。

姉妹で話し合う時間があった「捨てるか捨てないか迷ったときは、ことで、片づけも無事にすませることができたのだと思います」不動産会社の手数料や片づけ費用、売却益にかかった税金などを親の家を売ったお金は、これを三姉妹で3等分したという。払って1800万円ほどが手元に残った。

親·家·片アド,uス不動産売却にあせりは禁物不動産の売買では、信頼できる不動産会社を選ぶことが重要ですが、実際には不動産会社選びは難しいもの。査定額不動産売却を複数の会社に相談すると、不動産会社ごとにに差があるのが現実です。

物件の相場を知っているのに、会社によって査定額が異なるのは、売却水準より高い査定額を示すからだといいます。

希望者の気を引こうとして、不動産業「客のほうから売却希望額を言わず、業者から査定額を引き出すこと。界の人の話ではというのがセオリーだただし、査定額を高く提示してくる会社がいいとは限らない」そうです。高い査定額のとおりに売れればいいですが、売れないと値段を何回も下げつまり、結果として物件の印象が悪くなり、売れるものも売れなくなることが多いたりして、もの。また、何軒もの不動産会社に声をかけると、売り手の事情が業界内で筒抜けに足元を見られる可能性も。
あせって安値で売ることもないといった姿勢が基なり、本です。親戚や友人など信頼できる人を介して、不動産会社を紹介してもらうのが、最も現実的な方法といえます。

ケースチラシの撒き方ひとつで売れ方が違う!親の家を売るのも立派な不動産ビジネス。上手な売り方もあれば下手な売り方もある。不動産会社の力の入れ方次第で光明も差す。

田中陽子さん(仮名)埼玉県·55歳不動産会社の機転のきいた仲介で母親がいなくなり空き家となった実家を無事売却売値は4500万円にしましょう父親が亡くなり、母親が有料老人ホームに入ったことで無人となった実家田中さんは夫の友人の紹介で、ある不動産会社に売却を依頼した。
企業誘致大作戦周辺の家屋に比べ敷地も広く、家屋の手入れも行き届いていた。不動産会社の説明に納得した。田中さんは、ほどなく、3人の購入見込み客が来たという。物件自体に魅力があったのだろう。ただし、4500万円という価格がネックになった。3人の見込み客の購入希望価格は3000$4000万円。売却希望価格とは差があったそこで、不動産会社は、ある一手を繰り出す。3人の購入見込み客の中で希望購入価格が最も高額だった人は、偶然にも不動産会社の営業エリア内に住んでいた。
そこで、不動産会社は、見込み客の周辺地域に限って各家庭の郵便受けに直接チラシを配布する、ポスティングを実施したのである不動産広告は、誇大広告にならないように、使用する用語の制限もあれば、物件の概要にっいて必ず記載しなければならない表示事項も決められている。たとえば、特選物件といっ客観的な合理性に基づく基準がなければ、そうした取り決めがある中表現は、使用できない。

で、不動産会社は複数の物件をチラシに掲載するとき、田中さんの物件を最も目立つようにしたのだ購入見込み客の場合は、内容や価格など、物件の比較検討により熱心になるということを知ったうえで、どう見ても田中さんの物件が抜きん出るように、チラシに掲載する他の物件を選んだのだという。数日をおかずその購入見込み客は不動産会社を再訪問してきた。
はたして、結局、4500万円には届かなかったが、4200万円での売却が成立した。売主と購入見込み客の両方が営業エリア内なら不動産会社は成約に向けて力が入る!たまたま購入希望者の中でも一番いい条件を示してくれた人が、本当にラッキーなことに不動産会社の営業エリア内にお住まいだったんですね。

それで不動産会社の方もいろいろと作戦を練ってくださって、とっても助かりました。専門家とはいえ、正直ここまでやってくれるとは予想外でした不動産会社の中でも主に仲介を手がけている業者の場合、売買や賃貸の仲介に伴う手数料収入をできるだけ多くしたいと考えるのは当然のことだろう。したがって、売買についていえば、価格が高い物件の仲介に熱心になるのは自然の流れといえる。
しかし、それ以上に不動産会社の視野に入っているのは、売主と買主の両方の仲介を手がけることだ消費税を除いて、売買価格の3%の仲介手数料が両方から得られるとすれば、結果的に手数料は6%と倍になるからだ。不動産会社の担当者は、本当に購入を希望している客か否かは、話を聞けばおおよそ見当がつくという。
業界のベテランの中には、店に入ってきたときの様子を見ただけでわかると豪語する者もいるそうだ

そんな確度の高い購入見込み客と不動産の売主が、両方とも自社の営業エリア内にいるとなれば、不動産会社にとって大きなチャンス、成約に向けて力が入るのも、これまた自然のことだろう。
いわばそうしたお客を常に探しているのが不動産会社である田中さんの場合は、まさに不動産会社の求める条件にあてはまったわけであるやはり感心したのはチラシに書かれた文章、どういう文言が客の気持コピーライトですね。
亡を惹きつけるかということをよく知っているんですね。
ご近所の底力!