中古住宅

楽器のできる人を募集中なのです

空き家バンク制度空き家除去費補助金空き家対策に独自に取り組む自治体も空き家は全国で広がっており、各自治体も対策に乗り出している。最も普及しているの空き家バンク制度は、だろう。空き家の所有者から空き家の情報を登録してもらい、移住希望者などに登録情報を提供するものだ。
老朽化して倒壊の恐れがある空き家について、危険度が高いと判断すると持ち主に建物の解体や撤去を指導·勧告、従わなければ氏名の公表をするといった、空き家の強制撤去iに動き出している地方自治体も目につくようになっているが、最大で50万円の空き家除去費補助金を出している長崎市のような例も出てきている。ちなみに、住宅を撤去すると、固定資産税の住宅用地特例は受けられなくなる。
住宅が建っていれば、200m以下の部分の敷地については課税評価額が6分の1に、200m!を超える部分については3分の1になるというもので、更地になるとそれが受けられなくなるため、固定資産税の負担は増すことになる。

空き家や空室を地域の資源ととらえ、地域コミュニティの活性·再生につながる公益的|活用を推進しようと、そのオーナー向けに相談窓口を開設しているのは東京都世田谷区だ.たとえば、築年数が古い木造賃貸アパートを改造しデイサービスと認知症カフェを備えた地域の多世代交流の拠点としたり、自宅続きの空き家を含めてシェアキッチンやイベント地域貢献活用モデル事業として、開催のためのコモンスペースにしたケースでは、助成金を出している。
NPO法人などが空き家を借りて、国や地方自治体の補助を受け、高齢者向けの施設に利用するといった例も出てきた。親が住まなくなって空き家になっている家の処理で迷ったら、当該自治体に問い合わせてみるのもひとつの方法のようだ。

ケース家を売るにも貸すにも東京のほうが有利。

それなら自分たちが東京を離れて親の家に移り、東京の家を売るか貸すかしたほうがいい!大塚幸子さん(仮名)東京都·58歳夫の60歳の誕生日を機に東京の家を引き払い空き家となっていた実家での生活を選択都内にある現在の住まいを貸し出し、誰も住まなくなって空き家になっている実家で暮らすことを決めたのが大塚さんだ。
「10年間で何回、実家と往復しましたかねーか月2回として年に2回、10年なら240回の計算になりますが、実際にそれくらい実家と行き来しましたね。今後、しばらくの間は180度これまでは実家に帰っていたのが、これからは実家から出かけるようになりま様変わりです。と大塚さんは言う。す」夫の00歳の誕生日を機に、東京の家を引き払い、夫婦で一緒に大塚さんの実家に移り住むことを決めたからだ。
夫は、リタイアはしないものの、1y2週間に1、2日程度出社するだけになるという大塚さんの帰省が頻繁になったのは、父親の3人が、実家に住んでいた叔母、母親、0年からの10年間に相次いで病に倒れたり、介護が必要になったりしたためだ。
ひとり娘である大塚さんの負担は大きかった。ツインリンクもて大塚さんの実家は、益子焼栃木県の芳賀地区にある。やサーキットのなどで知られる地域で、ぎ茨城県に隣接する。「自動車の免許を持っていないので、電車を何度も乗り換えて実家と往復しました。
都心から!00㎞圏内といっても、新幹線や直通電車がないので時間がかかります」看病や介護で気ぜわしい帰省唯一くつろげる場所は、親友の寿司屋だった大塚さんの東京の住まいは、そこから上野駅に出て、東京都世田谷区。
JR宇都宮線の小山駅でJR水戸線に乗り換え、下館駅から真岡鉄道で実家に向かうというのが通常ルートだった「何回繰り返しても、『やっと故郷が近くなった』最後の真岡鉄道に乗ってはじめてと感じるもつくばエクスプレスが開業してからは、のです。それを利用して途中駅で関東鉄道常総線に乗り換えて行くこともありました。いくつものルートがあり便利なようで、実は不便。
実家は駅から5分と近いのですが、どのルートを選んでもドアツードアで5時間弱です」そんな大塚さんが、実家の行き帰りで唯一ホッとくつろげる場所が、実家の最寄り駅前にあそこでひと息入れてから実家に向かうのがるお寿司屋さんだ。

地元に残った親友の嫁ぎ先で、帰省の際のパターンだ。「実家に帰るのは、何かしらしなければならないことがあるためです。病院に付き添ったり、町役場に出向いて書類を受け取ったりと、わずか1泊でそれらをすませようとすると、気ぜわしくてなりません。それでまず寿司屋に立ち寄り、夜は夜で食事のためにまた出向き、集まった昔の友人とたわいもない話で盛り上がったりするのがいつものこと。
そうやってストレスを発散していたのかもしれません」それでも叔母、父親の3人は、母親、大塚さんの看病や介護の甲斐もなく相次いで亡くなっ空き家になった大塚さんの実家は220mの敷地に、築40年の2階建ての家屋。かつては手入れが行き届いていた庭も、雑草が目立つようになっていた。
時の経過とともに、こっちに帰ってきたら同級生のという誘い

最初は受け流すばかりだったが……空き家になってからは、お寿司屋の友人や近所に住む持つべきものは友達ですね。

「やっぱり、郵便物の整理をしてくもうひとりの同級生が、晴れた日に雨戸を開けて風を通してくれたり、れました」父親の死後も東京の自宅と実家を行き来す友人たちの協力を得ながら、実家の管理のため、る生活を続けた大塚さん『あなたもこっちに帰ってきたら』と何回も言われ「寿司屋で親友や同級生と話しているうちにそのうちに実家の処分のことを考え始最初は受け流すばかりでしたが、るようになりました。

高校時代の友人が不動産会社をやっていた!

時価<路線価

子供は親を被保険者として生命保険を契約し
それなら、もし夫が承諾してく売却しようにも恐らくいい買い手はつかないだろう、めると、実家に戻って暮らすという選択肢もあるかなあという気もしてきました」れるなら、夫婦で植物園に足を向けたり、父親の死後は、ゆっくり過ごす時間もできて、高尾山に登っ箱根や伊豆方面にも足をのばした。たりした。小旅行の途中も、田舎の家をどうしようかと考え続けていたことはいうまでも大塚さんが、親友が誘うように、田舎に帰る、売るにも田舎では買い手が見つかるかどうか。というない。選択肢も捨てきれない自分がいることにも気づき始めた。そんなときのことである。大塚さんの夫は入院を余儀なくされたのだ。検査してもらうと脳梗塞の疑いもあると診断されました。
夫は「肺炎をこじらせて病院に行き、60歳を節目にセミリタイアしようかなこの入院を機に、もうそろそろ仕事も引き際かなということも考え始めたようです」勤務ス大塚さんの夫の会社は、60歳定年、その後65歳まで定年を延長することができるが、週に何日か、あるいは月に何日タイルにはいくつかの選択肢があった。

毎日出勤も可能だし、それでセミリタイアも想定するようになったのだか出勤する形も選べた。「当時、そこで一度は夫が今後のことをどう考えているのか聞いていたわけではありません。きっちりと話し合おうと思ったのです」夫婦で話し合いを重ねる中で同意形成東京の自宅を引き払い実家暮らしへ舅姑は健在で長男夫婦と暮らしている。大塚さん夫婦大塚さんの夫は東京生まれの次男坊。には子どもはいない。
r現在の家は、沿線、駅からの距離、戸建てかマンションか……といったように20項目程何事も合意で決めようというのが、私たち夫婦の度の設問をつくり、話し合って決めました。どう切り出そうかルールなのです。
ただし、今回は私の田舎に住むか否かという選択なので、悩みました大塚さんが切り出す前に、今後のことについそんな大塚さんの雰囲気を察知したのだろう。て尋ねてきたのは夫のほうだった。という考えがあること大塚さんは、夫婦で大塚さんの実家に戻り一緒に暮らす、そのとき、実家暮らしを決断していたわけでもないし、無理に押しをはじめて明かした。
大塚さん自身、「栃木かぁ……、さすがに都内まで通うのは大変だなつけるつもりはなかったが、夫からはやや戸惑いの言葉が出たという。といった、あ」

話し合いの流れが変わったのは、大塚さんの夫の病状が快方に向かい、再び旅行ができるようになってから。大塚さんの夫の趣味である鉄道撮影、いわゆる”撮り鉄”によくつきあうようになったころからだ。
退院後のリハビリを兼ねて、青森県の三沢市と十和田市を結ぶ、十和田観光電鉄にも廃線前にふたりで出かけている「前々から私たちは会話の多い夫婦ですが、車中いろいろなことを話しました。
そんな中で舎暮らしもいいかな』という流れになりました。
土地は所有から活用へ夫は東京生まれですが、昔から田舎ののどかな暮らしにもあこがれている人でしたし、私の実家の近くにはSLが走る鉄道もあるので、それも好影響だったのかもしれません」都内のマンションは売却せず甥に貸すことにしてこれから住む親の家を片づける東京の家を引き払い、大塚さんの実家に移り住むことになって、今度は都内に所有する自宅マンションをどうするかとなった。
田舎暮らしをしている人には、田舎と都内と両方に自宅を持っている人も少なくない。たいていは子どもたちが都内の家に住み、田舎暮らしの両親はときどきそこへ帰ってくるというパターンだ。しかし、大塚さん夫婦に子どもはいない。「夫の兄の息子が結婚して家を出ているのですが、その子は小さいころからよく家にも遊びに来ていた子で、夫も私も可愛がっていました。それで、あなたたち、聞いてみたんです。

この家に住まないって。『ぜひ』ということでしたので、甥っ子に貸すことにしました」そうしたら東京の家の借主も決まったことで、早速大塚さんは自分の引っ越しと親の家の片づけ、両方に取りかかった。

移り住んでからでも片づけられるが、数年間も人が住んでいない親の家は、ので、まず移り住める状態にしなければならない。友人たちが風を通してくれていたとはいえ、寝具や衣類などにはカビが生えていたし、冷蔵庫やエアコン、洗濯機なども傷みが激しく使いものにならなかった。畳も思いきって替えることにして、古い畳は処分した。「秋とはいえ、まだ夏の名残のある暑い中、友人の車で町の処分場まで何度も往復しました。
友人の車はワゴンタイプだったので、かなりの荷物を載せられたのですが、畳やエアコン、洗濯機などは車に積むこともできないので回収業者にお願いして引き取ってもらいました。何度も帰っていたのですが、改めて点検するといろいろ補修が必要なところがありましたね。
それはおいおい直していきます」

不動産は法的な手続きのかたまり!いざ売るとなると、住んでいるうちにはまったく意識していなかった問題に出くわします。権利関係が未整備なままでは、いくら買い手がいても不動産取引を進めることができないのです。

第3章親の家を売る以前に知らなきゃ売れない不動産の常識

登記境界標が不備な不動産には誰も手をつけられない!不動産を売却するには、登記済権利証「登記識別不動産の現況と権利関係を記録したやが必要だ。
登記とは、どこの土地建物がどれだけの面積で、情報」誰の所有か、権利関係を公式に明示したものだ。土地建物の場所、形状、所有者を確定することは、不動産取引にとって欠かすことができない。『親片アドバイス』しかし、でも詳述するが、不動産を売却しようと登記簿を第4章家見たら、所有者の名義は数十年も前に死んだ祖父のままだったということも珍しくない。
祖父から父への相続の際に不動産の所有者の名義変更が行われなかったのだこういうケースでは所有者の名義を変更しないと不動産は売却不可能。名義変更するには祖父の代にさかのぼって相続手続きを行う必要がある。所有者名義の問題以上に隣家との境界があいまいでトラブルになる不動産取引の現場では、ことも多い。

土地神話

入居者専用駐車場

昔から境界があいまいだったというケースもあれば、過去に定めた境界を示す境界標が、自然災害や経年劣化により消滅して、あいまいになってしまった場合もあるまれに故意に移動されていることだってある自分が利用できる権利の範囲を明確にするため境界標というのは、取得した土地について、に設置するものだ。
境界標がない、あるいは不正確なままでは、土地の面積·形状が確定できないので、やはり不動産取引を進めることはできない。

親の家は古くから建っていることが多いので、境界標が正しく設置されているかどうかを確認しておくのは大切なことである当事者間の交渉を要する場合もあるので、こうした不動産の権利関係を是正するには、できるだけ早い段階で確認をすませ、解決のための話し合いが必要なら、これも早期に取りかかるべきである査定価格を高くつける業者を選んではいけない不動産売買は個々人の取引だが、買い手のあてがない場合には仲介を不動産会社に頼むことが多い。

首尾よく売却できるかどうかは不動産会社の力量次第という側面もある。この場合、この章では2つの実例を紹介しているが、いずれも信頼できる会社を選んで売却に成功している。では、信頼できる相手かどうかを見分けるカギはどこにあるのだろうか一概にはいえないところもあるが、ひとつ挙げるとすれば、不動産の査定をあまり高く出してくるところは警戒したほうがいい。不動産会社の手数料は不動産の売買額の何%という取り決めになっている。高い査定のほうが不動産会社の利益も大きい。
むろん高く売れれば売主にとってもありがたい話ではあるがそのためずるずると値を下げることと相場を超えた価格で売りに出しても買い手はつかない。なり、結果的に不評な物件という印象を与え、かえって売りにくくなることがあるのだ。高い査定額は魅力だが、売れる査定をする不動産会社を選びたい。高い査定よりも業者選びのもうひとつのカギは、やはり地元人脈である。
知人や親戚が懇意にしている不動産会社時間が多少かかっても、人脈を最大限生かして信頼できるを紹介してもらうことだ。
専門業者を選ぶほうが結果はついてくる。いったいいくらくらいで売れるの?自分でできる売却価格の目安のつけ方業者が評価した査定の金額が高いのか安いのか、判断するのは難しい。業者間では不動産の実際の取引価格についての情報を見ることができるが、一般の人の目にふれる機会は少ない。国土交通省が運営しているサイト「土地総一般の人にも公開されている情報で主要なものに、がある。

ここでは、合情報システム」不動産の取引価格情報、地価公示·都道府県地価調査のデータが検索できる。同じく国土交通省が運営する土地総合情報ライブラリ-でも同様のデータが検索できる必ずしも実際の取引価格が反映されているものとはいいきれないが、ある程度の目安として

心得ておく分には参考になるだろう。

中古住宅国土交通省が公表しているデータ以外では、国税庁が固定資産税や相続税を計算するために毎年公表している路線価がある。これも路線価は一定の計算式により地価を算出できるので、参考になるだろう。

土地の境界があいまいで売るに売れない義父の家。

隣の家との話し合いの場を持つだけでもひと苦労。いくら買い手がいても、隣家との境界が確定するまでは不動産取引は一歩も進まない。

飯島勝さん(仮名)東京都·59歳隣家の境界があいまいだった義父の家境界確定の立会いで隣接している家々の権利意識が丸出しに隣近所ということで、普段はあいさつを交わしたりして親しそうに思えても、境界線の確定となると大変です。
売却の仲介を頼んだ不動産会社から「個別にやったらまとまるものもまとま境界の立会いは関係者全員が集まり、その場で決めてしまったほうがいいです』とりせんよ隣接している4軒に声をかけたのですが、1軒の方がなかなか応じアドバイスを受けたので、てくれませんでした。

かなり以前にフェンスの設置をめぐって義父と多少のいさかいがあったそうです。それを根に持っていたのかもしれません」空き家のまま放っておこうかとも考えたという飯島さんは当時をここんな思いをするなら、う振り返った「しかし、そうもいかず立会いへの参加をお願いしました。菓子折りを持って、三拝九拝で頼み込んで、ようやく了解してもらったのです」実際に境界確認の立会日が決まるまで、最初にお願いしてから3か月は過ぎていたという。土地家屋調査士にも来てもらい立会いを始めました。
ところが始めたら始めたで、『垣根がはみ出している。もっと垣根を下げて作るべきだったんだ』といった類の『物言い』が実際は、際限なくありました。義父の土地を売って儲けようといった気持ちはありませんでしたし、そひたすらこちらが折れ続けることで、なんとかまとまりました。

れよりは早く決着したいと、しかし、土地に対する執念というか、自分の土地が減るということに対して、人はあんなにも嫌悪感を示すものだとは、はじめて知りました隣接する家との境界があいまいなままでは、売れない。
境界が不明と不動産を売ろうにも登記されている土地を現地で特定できないからであるいうことは、つまり、親が亡くなり空き家になった実家などを売却しようという場合は、登記に加え、境界がはっきりしていることも確認する必要がある。親が存命中にすませておできることなら、くべきだろう境界標の確認である。
境界を確かめるとは、具体的には境界標とは、隣接する家との地境を示すもので、十文字などの印がついた杭だ。
新賃借人が近隣に迷惑を及ぼす恐れがある場合