風俗店は朝から夜中までやっている

肉棒が唾に濡れててらてらと光っている

風俗嬢はヴァギナを差し出した
カラダのあらゆる部分を活用しないとね。もちろん失敗もあるけど、それもまた楽しときに爆笑、ときに真面目なカラダにまつわるエピソードをどうぞ。セックスすると決まってヒザをすりむく。になる今日この頃。他の人といつたい何が違うの?街行く人のヒザが気「いつまでも得意なのがあれじゃあね」連載していたコラムを読んだ母親から電話がかかってきたことがある。お笑いと書いたのが、気に障ったらしい。

ペニスをシ彼の
得意なジャンル、エロとあれから何年もたったけれど、相変わらずエロとお笑い記事を書くのが好きだ。簡単そうに見えて、エロもお笑いも表現するのはとても難しい。なぜなら、笑いもエロも好みがさまざまだから。その奥深さにひかれて、ずっとこだわっているんだろう。エロの個人的好みついていえば、私はひたすらフィジカルなセックスより、脳であれこれ考えるほうが気持ちいいセックスとはかけ離れた昼間の雑踏で、エッチなことを考えたりする。

奴隷プレイと一人で考え込んでいる事もあった

「警察の者です」デカ長の言葉に、俺は現実に引き戻された。「うちの人のことですか?」M子の目に、瞬動揺の光が走った。玄関先で話すことじゃないから、た紅茶をすすりながら、俺は切り出した。とにかく部屋に上げてもらうことにした。シックなベージュのソファに腰掛けて、MFが入れてくれ「困ります」訴えるようなまなざしで、M子は言った。

ピンサロとはピンサロがオナニーをしている時と同じような刺激を俺は、瞬グラっときたが、ここでひるむわけにはいかない。「こっちも仕事だから、パクらないと困るんすよ」「知ってて黙ってたことがばれたら、殺されちやう。私、組の女だから」「じゃあ、立ち寄ったところを家の外でパクりゃいいでしょう」ぴったりとしたサマーニットに包まれた、M子は観念したようにため息をついた。い裸身をしきりに思い描いていた。胸からウエストにかけてのラインが、なんともなまめかしい。

風俗嬢の乳首にかかり

「はぁ?協力するのに作戦も教えてくれないわけ??」私はイライラしながら言った。「実花には迷惑かけないから」「迷惑?何それ?」まったく意味がわからない。「まあ、今は何も聞かないで」私はそれを言うとそのまま眠った。店にも1人でいけばいいのに。さっきのセフレとの会話も夢だったのかもしれない.私は急に目が覚めた。

セックスがしたい

昼間から店行くんだった起き上がると、彼女は気持ちよくソファーに眠っている。.。あれ??」気づくとセフレが部屋に居なかった。ベットにも居ないトイレにもお風呂にも「セフレ?」私は少し不安になりながら名前を呼んだ。窓からは夕日が差し込んでいた。「えっ夕日!?」私は慌てて時計を見た。

      奴隷プレイなんだよ
      股間にあてがって指先でなぞり上げる
      ペニスがゆっくりと抜けてゆく..